佐賀の特産品 

佐賀のお土産、名産品、特産品、ご当地グルメなどの通販 ないものはない!お買い物なら楽天市場

[Dr.Tony] - ソーシャルマーケットプレイス



朝鮮唐津片口鉢 15.5cm 向付【和食器】笠間焼 唐津焼 陶器「穂高隆児」
オススメ度
価格:3780 円(税込)
発送可能時期:在庫あり
商品詳細商品説明朝鮮唐津片口鉢 取り鉢・向付に サイズ径15.5m 高さ5.5cm 窯元/作家*笠間焼/穂高隆児 1976年 横浜に生まれる 1995年 高校を卒業後、日本料理人を志し修行を始める 19999年 東京芝浦牡丹に入店 2002年 在スペイン日本大使館料理人として渡西、 森元総理の等の料理を担当 2004年 帰国後、芝浦牡丹副料理長に就任 2008年 支店料理長に就任 2011年 陶芸家を志し茨城県窯業指導所に入所 2012年 窯業指導所成形〓課終了 2013年 窯業指導課実践課終了 笠間市にて独立・築窯発送について*在庫の有る商品 ・12時までのご注文は当日発送 ・12時以降のご注文は翌日発送 *在庫の無い商品 ・お取り寄せ/5日?60日 笠間焼とは笠間焼の誕生と言えば、江戸時代の安永年間(1772?1781年)。箱田村(現在の笠間市箱田)の久野半右衛門が、信楽の陶工・長石衛門の指導で焼き物を始め築窯したこととされています。伝統を受け継ぎながらも作家の個性をより重じる方向へ作風を転換した笠間焼。いま、自由闊達な空気のなかで多くの陶芸家たちかその感性を磨きつづけています。伝統にとらわれない自由な作品、 斬新なデザインのオブジェまで多種多様、それが笠間焼 hodaka3 朝鮮唐津片口鉢 \3780 [笠間焼/穂高隆児] 16年挑み続けた料理人の道 志す先に見えたものは 自ら仕立てたうつわに盛られた料理の完成形 笠間の地で始まった陶芸家の道 二本の道が作り手の中で一本につながり 生まれるカタチ 穂高隆児、陶芸の世界 陶 歴 1976年 横浜に生まれる 1995年 高校を卒業後、日本料理人を志し修行を始める 19999年 東京芝浦牡丹に入店 2002年 在スペイン日本大使館料理人として渡西、 皇太子殿下、森元総理の等の料理を担当 2004年 帰国後、芝浦牡丹副料理長に就任 2008年 支店料理長に就任 2011年 陶芸家を志し茨城県窯業指導所に入所 2012年 窯業指導所成形〓課終了 2013年 窯業指導課実践課終了 笠間市にて独立・築窯 サイズ: 径15.5cm 高さ5.5cm ★ギフト包装(ギフトカード可)200円 ▼包装紙について:ご注文時にブルーとピンクのどちらかご指定下さい。 ▼ギフトカードについて:メッセージ内容は30文字程度で備考欄にご記入ください。 >>詳細を見る



スタイル・ラボ