佐賀の特産品 

佐賀のお土産、名産品、特産品、ご当地グルメなどの通販 ないものはない!お買い物なら楽天市場

[Dr.Tony] - ソーシャルマーケットプレイス



【和食器】唐津焼 [絵唐津ご飯茶碗] 飯碗 陶器 曹源窯 小島直喜
オススメ度
価格:8640 円(税込)
発送可能時期:在庫あり
商品詳細商品説明絵唐津ご飯茶碗[飯碗] 槇でやいてます、ぬくもりのある作品に仕上がっています。 サイズ*サイズ: 径12cm  高さ6.5cm  280cc 213g 窯元/作家曹源窯/小島直喜 1962年生まれ。 二代目小島直喜は初代 父喜昭と共に、12?13才の頃から粘土、陶片を求めて古窯周辺の野を歩き、昭和55年に鏡山麓の恵日寺境内に曹源窯を開く。 平成10年浜玉町に窯を移す。 以後各地で個展。 発送について*在庫の有る商品 ・12時までのご注文は当日発送 ・12時以降のご注文は翌日発送 *在庫の無い商品 ・お取り寄せ/5日?30日 唐津焼は現在の佐賀県東部・長崎県北部焼かれた陶器の総称。日常雑器から茶器までさまざまな器種があり、作風・技法も多岐にわたる。茶碗は古くから「一楽二萩 三唐津」と称されて名高い。分派の武雄古唐津焼と共に、日本伝統的工芸品に指定されている。古くから茶人に愛され、ざっくりとした感じの唐津焼。 伝統が支える技の世界から生み出される不思議な魅力 愛陶家を魅了する唐津焼 小島直喜氏は、 「焼き物は土が命」と自ら野山に土を釉薬を求め 先人たちの古陶陶片から伝統的な陶技を研究し、 昔の技術と景色、土味、手触り、色、映りを再現すべく 作陶に励んでいます。 ぜひ手に取ってぬくもりを感じてください。 曹源窯 小島直喜 略歴 1962年生まれ。 二代目小島直喜は初代 父喜昭と共に、12?13才の頃から粘土、陶片を求めて古窯周辺の野を歩き、昭和55年に鏡山麓の恵日寺境内に曹源窯を開く。 平成10年浜玉町に窯を移す。 以後各地で個展。 唐津焼 絵唐津ご飯茶碗 \8,640(税込)[曹源窯/小島直喜] 径12cm  高さ6.5cm  280cc 213g 毎日使うものだからこだわりを 良いうつわは心を豊かにします。 うつわは育てると言います 使い込むと変化していきます それが楽しみの一つでっもあります。 全国各地で個展を開催しております。 日本橋三越本店/JR大阪三越伊勢丹/東武百貨店池袋店/福岡三越百貨店 高松三越百貨店/富山大和/その他デパート、ギャラリー 美術工芸備前 >>詳細を見る



スタイル・ラボ